鳴かぬなら埋めてしまえ家庭用ゲーム機


家庭用ゲーム機 関連ツイート

RT @jidan_no_jouken: ゲーム&ウオッチの事業を成功させた任天堂が、その利益を投入して開発したのがファミリーコンピュータである。当時の家庭用ゲーム機としては疲れからか、不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、…
RT @YahooNewsTopics: 【空自機F15SJ性能ファミコン級】航空自衛隊が201機保有する主力戦闘機、F-15J「イーグル」の性能陳腐化が深刻な問題に。性能は家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」とほぼ同等という。 https://t.co/YI5i6mfq12
押し寄せるゾンビの大群を、バリバリ倒してザクザク稼げ♪
アメージングが家庭用ゲーム機に初リリースするカジュアルシューティングZOMBIE GOLD RUSHを、Nintendo Switchでダウンロードですの☆… https://t.co/Y0oAcq44E4
RT @YahooNewsTopics: 【空自機F15SJ性能ファミコン級】航空自衛隊が201機保有する主力戦闘機、F-15J「イーグル」の性能陳腐化が深刻な問題に。性能は家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」とほぼ同等という。 https://t.co/YI5i6mfq12

前に行く前に。家庭用ゲーム機

政治について考える上で、日本という国を一つの組織体として捉えそのビジョンを明らかにする必要性があると感じられる。政治家の役割として、日本のあるべき姿、ビジョンというものをどう打ち出し国家の方向性を定めていくかが重要な作業になってくると思われるのである。果たして、現在、日本の政治家の誰が、国民にとって魅力のある国家像を提供できているか論じてみるのも興味深い試みなのではないだろうか。 日本は戦後の混乱期を経て、1960年代、70年代に未曾有の経済復興を遂げたが、その当時の日本社会は経済成長、富みの蓄積をほぼ唯一の価値観としており、「国民が豊かな暮らしができる国」というのが国是だったということができるだろう。都市部のサラリーマンは終身雇用で会社勤めをし毎年給料は上がっていくという生活を享受していた。地方においても、企業の工場進出により雇用が提供され、農家への助成も潤沢であり、毎年十分な公共工事予算も投入され住民の生活レベルは向上していった時代である。 1980年代まで、日本人の大半は「国民が豊かな暮らしができる国」というビジョンに疑いを持たずにいたと言えるのだろう。しかしながら、景気が悪化した1980年代末以降で考えた場合、日本国民の心をとらえるような国家像を政治家が提示できていたかについてはかなり疑問に思えるところである。あれ以来、日本の被雇用者の受け取る実質賃金はほぼ一方的に下がり続けており、とても国民の豊かな暮らしを実現する国家とはいえないような事態が続いている。 すこし角度を変えて、果たして、国民が国家像というものを必要としているかという観点から論じることも必要かもしれない。国民の間に国家のビジョンを求めるメンタリティがあるのかどうかということである。この点に関連して、日本人の集団への帰属心というか、集団への執着心が薄れるという現象が生じている点について触れないわけにはいかない。ターニングポイントは1980年代の家庭用テレビゲームの登場だったように思われる。家庭用ゲーム機が子どもたちの間で空前のヒットを飛ばし、それまで公園で野球をしたり鬼ごっこをしたりして遊んでいた子どもたちが家の中に閉じこもってテレビゲームに興じるという現象が生じたのである。 集団で遊ばなくても、一人で楽しめてしまう遊び道具の登場は非常に革新的であり、子どもの気質まで変えてしまったように私には思われる。私はテレビゲームの洗礼を受けた最初の世代に属しているが、テレビゲームの影響をあまり受けていないわずか2、3歳上の世代の人間に接した場合にさえ、自分と同じ世代に属する人に対するものとは人間的に異質なものを感じてしまうのである。その感覚は、言葉にして表現すると、社交性の違いであったり組織人としての資質の違いといった類のものである。 逆に言うと自分と同じくらいの年齢のテレビゲーム世代の人間は組織性がだいぶ低下しており、集団で過ごすよりも自分の時間を大切にする人間が多い。このことは、社会現象としても確認できることであり、ひきこもりが増えたのは我々テレビゲーム世代からである。もちろん、就職氷河期で社会に出られなかった人間も多かったという要因もあるのかもしれないが、体質として既存の組織を嫌がる、あるいは組織への所属をあまり必要としない人間が増えた世代と言える。       

ワーキングプアが選ぶ超イカした家庭用ゲーム機10選

自分へのクリスマスプレゼント、というわけではないが。

PS4を買った。
ゲーム機買うなんて初代プレステ以来だな…

どうしてもやりたいゲームがあってね。
安くお得に買えるタイミングを狙って購入。

しかしすごいね。最近の機械は

あのさ、コントローラーがワイヤレスなのね!!

しかもスピーカーが付いてて音が出る。
ブルブル震えるし、タッチパッドも付いている。
ほんと。なんにも知らないからビビったぜ…

で、やりたかったゲームとは…

この世の果てで恋を歌う少女YU-NO。
PC-98使ってた頃にやって忘れられなかったんだよ…

いやぁやっぱ面白いね。やめどきが分からなくなる…
98と違ってキャラボイスがあるしさすがに絵もキレイ。
これはこれで良いね。亜由美さんが若すぎるとは思うけど。

何より菅野ひろゆきさんのストーリーが秀逸。
そして梅本竜さんの音楽が本当に素晴らしい。
お二人とも若くしてお亡くなりになってしまったが…
リメイクされると知った時は嬉しかったなぁ。

オレとしてはエロ要素がソフトになってしまっているのが残念。
時代もあるし、家庭用ゲーム機だし。こればっかりは仕方ない

そして!

初回特典でオリジナルPC98版も付いてきた。
これこれ。これが欲しかったんだよ…
98起動時のDOS画面までシミュレートしてて懐かしい。

仕事に影響出ない程度にゆっくり遊ぼう…
とか言いつつ、ゲームを進めたくてうずうずしている

家庭用ゲーム機情報ネット

最近読んだ漫画は?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう  今日は漫画の日との事で、何か漫画に関する記事を書かなければ…と思ったのですが、漫画関連の記事は2016年10月22日の「釣り漫画リスト」以降更新が止まってしまっており、購入した漫画の感想に至っては、2016年7月29日にアップした「2015年07月に購入した漫画」から半年以上も停滞してしまっているという有様。流石にその間全く何1つ作業をしていなかったという訳ではないものの、今すぐに新しい記事をアップ出来る様な状況でもないし…という訳で、2016年8月11日より始めたツイッター上に於いて呟いた、それぞれ1つ1つを個別にブログ記事にする程でもない漫画関連の小ネタを、纏めて1つの記事として紹介したいと思います。  「月刊COMICロリポップ」1986年2月号~1989年4月号にて全32回に渡って連載された、伊藤まさや著「美しい人間」より。 姿が醜く崩れ、人間をゾンビの様に凶暴且つ知性の無い存在にしてしまう恐ろしい奇病が蔓延した世界で、死体を繋ぎ合わせて美しい人間を作り出そうとする老博士と助手の少女、そして生み出されたこの世でただ1人の「美しい人間」ビューティの物語。物語の大半は連れ去られたビューティを捜し歩く助手の少女レイラの旅を描いた内容となっている。  2006年に一度単行本化の話があったものの結局刊行されず、現在に至るまで一度も単行本化されていない事から知る人ぞ知る作品となってしまっており、少しでも周知を図る為に取り上げた。  「週刊少年ジャンプ」2016年42号にて、40年の長期連載に終止符が打たれた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。最終回を機に漫画まとめサイト等で、全エピソードの中でどれが一番面白かったか?といった事について話し合われる様子を度々見掛ける様になったものの、記事内で取り上げられるエピソードは、殆ど過去に何度も取り上げられた事のある同じエピソードばかりだ。流石に200巻全部読んできちんと内容を把握している程のファンは余り数多くないであろうとは思われるものの、これでは「ネットで取り上げられたエピソードの中でどれが面白かったか?」という狭い範囲内で話し合っているだけではないかと不満に思い、個人的に一番好きだった「舞混おじさん」の回を(他の誰かから賛同を得る事を期待しつつ)取り上げた。  2016年9月25日に新刊で購入した漫画。  「ロボット三等兵」の派生作品の1つである「ロボットGメン」の1シーン。「かってなことをいうね」「無情なことをいうね」という前谷惟光作品に於ける独特の受け答えの仕方は、それだけで笑いを誘うには十分であり、誰かから何か嫌な事を言われたとしても、ロボット三等兵風に受け答えすれば波風立たず平和に収まるのではなかろうか?と思った事から、このシーンを紹介。  原作版「サザエさん」の中で、個人的に恐らく一番笑ったと思われる4コマ。初めて見たのはアニメのエンディングだったのだが、直接その場面を描かず、3コマ目と4コマ目の間を読者に想像させる構成が秀逸。  やはり漫画まとめサイト等に於いて、ビッグ錠作品の中でよく取り上げられるのは「スーパーくいしん坊」のステーキ回や「一本包丁満太郎」のおにぎり勝負の場面ばかりであり、曲がりなりにも自他共に認める漫画好きが集まっているであろうサイトに於いて、一場面だけを面白おかしく取り上げ、当該作品の「他の場面は知らない」などとネタ扱いしかされていない事が我慢ならず、個人的にビッグ錠作品の中で一押しの「塾師べんちゃん」を紹介すべく取り上げた。  光瀬龍原作・加藤唯史作画「ロン先生の虫眼鏡」より。我々の世代ではもう既に夏休みの宿題で昆虫標本を作るなどといった行為は一般的ではなく、かつて夏休みの宿題に明確に「昆虫採集」という項目があったという事に関しては、子供時代に昔の漫画を読んで得た知識だった様に思うのだが、今改めてそれらしき昔の漫画を読み返してみても、一向にそうした場面が見当たらない。「サザエさん」や「オバケのQ太郎」に於いてさえ夏休みの宿題の項目にあるのは「植物採集」であり、偶に昆虫標本を作る場面が出て来る事があっても、この場面の様に飽くまで「自由研究」の一環として生徒が自主的に行っているケースが殆ど。自然破壊が進んだ所為なのか、「昆虫採集」という宿題が廃れ始めたのは一体何時頃からなのか気になる所です。  サトウサンペイ著「夕日くん」8巻より。昭和50年に発売された日本初の家庭用ゲーム機「テレビテニス」を取り上げたこのエピソードは、ひょっとして日本初の「TVゲーム(を扱った)漫画」ではないだろうか。因みにこのエピソードが描かれたのは昭和52年1月。「夕日くん」自体は貧乏サラリーマンの生活を描いた日常漫画であり、ゲーム漫画ではない。参考までに、「ブロックくずし」を取り上げた読み切り版「ゲームセンターあらし」第1話は「月刊コロコロコミック」1978年NO.9掲載。   2017年1月22日に新刊で購入した漫画。  2017年1月23日~2月5日の2週間余りの間に、何度かに分けて新刊で購入した漫画。全てがこの期間内に発売された最新刊という訳ではなく、発売されてから少し日が経っている物も。  松本るい著「やさしい番長シリーズ」全2巻が揃った記念のステマ。1979年~1981年「週刊少女フレンド増刊」及び「月刊ハローフレンド」にて不定期掲載、最終2話は単行本描き下ろし。当の講談社からは単行本が発行されず、何故かホラー漫画で有名なひばり書房ヒット・コミックスレーベルから発売されたという謎な経緯を持つ。1人で園芸部を切り盛りする、強面だが心の優しい番長と、彼に憧れるヒロインの物語。主人公のやよいちゃんがメチャクチャ可愛い。 紙書籍版の入手が困難である一方、電子書籍でも販売されており、容易に読む事が可能です。   「マカロニほうれん荘」電子書籍版全3巻を買ったら、一番読みたかったTVゲーム回が収録されていなかったので、仕方無く古本で(何巻に収録されているか解らなかったので)全巻セットを探して購入。総集編や再編集された復刻版は、こういう事が良くあるので注意が必要ですね。因みに、ひざかたさんが皆をモデルにしたTVゲームを作るという内容の「トシちゃん研究所!!」は、8巻に収録されていました。  幾つか省いた物もありますが、大体こんな所です。ツイッター自体それ程頻繁に利用する訳ではないので、始めてから半年経つ割には、呟いたネタはかなり少な目ですね。 本来のメイン記事である購入した漫画の感想及び漫画リスト作成の方も何とか頑張って更新
に漕ぎ着けたいと思っておりますので、これからも宜しくお願い致します。

[広告] 楽天市場

  • テレビ台 コーナーTV台 幅100cm ダークブラウン 42インチテレビ対応 ローボードTV台 木製 ガラス扉 オープンラック AVラック コーナーボード テレビボード
  • 【送料無料】AVERMEDIA C985L [Live Gamer HD Lite (PC内蔵型ゲームキャプチャーボード)]
  • 【メール便対応】(特殊形状のねじなどに使用できます)☆エンジニア 特殊ネジ用ドライバー DTC-27 【RCP】
  • BUFFALO HDMI切替器(2台用) BSAK202 [BSAK202]
  • テレビ台 コーナーTV台 幅100cm ダークブラウン 42インチテレビ対応 ローボードTV台 木製 ガラス扉 オープンラック AVラック コーナーボード テレビボード テレビ台 テレビボード シンプル TV台 TVボード テレビラック ラック 収納 ローボード AVラック AV収納 AVボード 北欧
  • ☆【メール便対応】エンジニア 特殊ネジ用ドライバー DT-10 【RCP】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする